賃貸マンションの審査

賃貸マンションいろいろ

賃貸マンションの審査

では賃貸マンションの「審査」とはいったいどういうものなのでしょうか。
審査とは入居するものが賃料を払う能力があるかどうかを審査します。
これに通らないと物件選びどころか住むことができなくなってしまいます。
えっ、マンション借りるのに審査があるの?
と思われた方も多いかと思いますが、実際はかなりしっかり調べられます。
中には何がなんだかわからないうちに入居を断られたという方もいらっしゃるかもしれません。
貸す方は、とにかく家賃のきちんと払えて身元のしっかりした人を選びたがるので、それを審査という形で実行しています。
これは部屋を借りるうえでどうしても通らなければいけない道です。
避ける方法はありません。
では、その審査というのはどういった点をみて審査しているのでしょうか。

審査ってどういうもの?

では、どんな審査を実際にどこが行っているのかというと、審査の基本時間は早ければ数時間、たいてい1~3日間で終了します。
どこが審査を行うのかは、不動産会社によるものがほとんどを占めますが、中には提携している保証会社が審査を行う場合もあります。
内容はどういったものかというと、就業の有無、年収、金融事故がないかどうか、また受け答え・話し方人柄等も見られるようです。
就業していない場合はまずアウトといっていいでしょう。
住む場所よりも仕事を見つけることが先になります。
また金融事故のある人もアウトです、社会的信用がないということで就業していても断られる場合があります。
この場合は不動産屋を変えるしかありません。